ダイソーで買った500円のBluetoothイヤホンのレビュー!激安の音質はいかに!?

ダイソーで買った500円のBluetoothイヤホンのレビュー!激安の音質はいかに!?

最近はちょっくら、動画編集の方もポチポチしているのですが、やはり周りに人がいる環境、音量の微調整などのときにはスピーカーではなく、イヤホンが欲しくなってくるものです。

そこで、PC用になにか使えるレベルで安いBluetoothイヤホンが無いかと調べていました。

2020年後半の現状では、Amazonでざっくり調べると一番安いものでも2000円程度という感じです。

2000円であれば十分安いほうなのですが、人間やはり欲がある生き物ですので、もっと安いものはないかといろいろと考えてしまいます。

そんなこんなで結局まだイヤホンを注文しないまま、ダイソーに必要なものが会ったのでお買い物ついでに、ガジェットコーナーを覗くと、なんとなんといつの間にかBluetoothイヤホンが売っているでありませんか!

500円で!

これまでPCスピーカーをはじめ、Bluetoothスピーカーワイヤレスマウスなど、地味にハイテクになってきているダイソーのこの手の代物です。

ぎゃもちゅー
ついつい、買っちゃいますよね!

買ってきました!

というわけで、ダイソーの500円のBluetoothイヤホンを買ってきました♪
黒色と白色モデルが有りましたが、なんとなく白色を購入してきました。

ダイソーの500円のBluetoothイヤホンの画像

パッケージはと言うと、こんな感じのいかにもダイソーらしき雰囲気のパッケージです。

間違いなく、Bluetoothイヤホンが500円で売っています。
それにしても、500円でありながらBluetooth5.0対応とは、なかなかやりますな!

裏はと言うとこんな感じ。

ダイソーの500円のBluetoothイヤホンの画像

電池容量は50mAhと少なめで、連続使用時間が2,3時間ということでこまめな充電が必要そうです。
ま、500円ならしゃーないか!

ちなみに僕はこれと似た感じの左右一体型のAnker SoundBuds Slimという2500円ほどで購入したものをメインにジムなどで使用していますが、こちらはバッテリーが110mAhで、連続使用時間が7時間ほどです。
(実際にそれくらいは持ちます)

箱を開けるとこんな感じです。

ダイソーの500円のBluetoothイヤホンの画像
しっかりとたいして質もよくなさそうなUSB充電ケーブルが同梱されていますが、ぶっちゃこのケーブルいらないから400円にしてくれないかな(笑)

あと説明書もついてきましたが、ちゃんと日本語で書いてありました。(あたりまえか)

ダイソーの500円のBluetoothイヤホンの画像

中華の激安品に慣れすぎると、逆に説明書に日本語が書いてあるだけでちょっぴり安心してしまう病気にかかっています。

<AD>
ダイソーの500円のBluetoothイヤホンの画像

コントローラ部分はこんな感じで、おしゃれさなんて微塵もなく、安いプラスチックの作りで、USB差込口には当たり前のように付いているはずの防水カバーも付いていません。
ま、500円ならしゃーないか!!

ダイソーの500円のBluetoothイヤホンの画像

充電ケーブルを挿すと、今感じで充電中は赤く光ります。

充電が完了すると青く光る…んじゃないかな?(確認してない)

イヤホン自体はこんな感じで、メッキ塗装がされていて、これをおしゃれかどうか思うかは人それぞれです。
ちなみにマグネットが、入っていてイヤホン同士がくっつくはずの仕様なのですが、そのマグネットが弱すぎてすぐに別れちゃいます。
ま、500円ならしゃーないか!!!

DAISOの激安Bluetoothイヤホンの音質は?

では早速、Windowsに接続してみましょう。
ちなみに、このイヤホンは「EA9745」という名称が付いておりました。

ここでDAISOなんちゃらっていう感じの名前なら面白かったのですがね。

接続自体は特にこれといってトラブルもなく、すんなりと完了しましたので、iTunesを開いて適当にロックな音楽を流してみましょう。

果たして、DAISOに売ってる500円の市場最安値レベルのBluetoothイヤホンの音質やいかに・・・!!

ぎゃもちゅー
うん、音が汚い(笑)

いや、なんとなくわかっていたのですけどね、だって500円ですもん(笑)

ちゃんと密閉型なので低音もしっかりと出ていますし、高音もありますし、声だって聞きやすいので中音も出ています。
ただ全体的に音が汚い(笑)

音割れとかがあるのではなく、ただたに音質が低いだけなのです。

はっきり言ってしまえば、まさに100円ショップで売っているイヤホンの音質なのです!
(そりゃ100円ショップで買ったわけですから)

あの100円で売っている音質のまま、Bluetooth機能が付いたことで500円になっただけですねこれは。

でもいいんです。
連続使用時間が短くても、音質が悪くても。
だって、500円ならしゃーないか!!!

まぁでも、ながら作業しながら音楽を聞くのであれば、あまりにもイヤホンの音質がいいと音楽に没頭しちゃって作業に集中できなくもなりますし、アサシンに狙われている方であれば音楽に没頭してしまっては周囲の警戒を怠ることにもなります。

それに音楽ではなく、基本はYouTubeの視聴で音楽はどうでもいいから、とにかく喋っている音声が聞こえればいいという方は本当にこれで十分でしょう。

なにより、とにかく安くなんでもいいからBluetoothイヤホンがほしいという方にはいいのではないでしょうか?

ネットで注文しても届くのは翌日ですし、これならあなたの街のダイソーに行けばすぐに当日に手に入るはずですから。

そういう意味ではこれは「わかってて買う」のであれば、いいのではないでしょうか。
あとは、Bluetoothイヤホンコレクターとかであれば。

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

富山に住んでる30代の個人自営業者。 日々インプットしたことを、自分がしっかり覚えるためと誰かの役に立てるようにこのブログでアウトプットしていきます♪ ついでに富山のグルメや観光情報などもPRしていきます。