糖質制限ダイエット中…絶対にやってはいけない行為とは?これはリバウンドや失敗の元ですよ(笑)

糖質制限ダイエット中…絶対にやってはいけない行為とは?これはリバウンドや失敗の元ですよ(笑)

僕は、なんとか糖質制限ダイエットをして体重を10kgほど減らし、その後は完全糖質抜きではなく、炭水化物量を調整しながらも程々に米やラーメンなどを食べている生活をしています。

しかし、糖質制限で痩せた方も、いま糖質制限ダイエット中の方も、絶対にこれはやってはいけないということがあります。

それは・・・
炊飯器を新調してはいけないということです(笑)

実は、7年ほど使用したIHの炊飯ジャーを買い替えたんですよね。

で、糖質制限ダイエット中だしそんなに昔ほどお米も食べなくなったから、安いやつでいいやと。

安いマイコン炊きでもよかったのですが、電気屋さんの店員さんいわく、炊いたお米を長時間保温しておくならマイコンよりもIH炊飯ジャーのほうがいいよということで、値段もちょっとしか変わらなかったしでIH炊飯ジャーの一番安いやつにしました。

購入したものはPanasonicの「ダイヤモンド銅釜」という文字が入った、12000円ほどのIH炊飯器です。

購入した理由が、店頭に並んでいたIH炊飯器の中では一番安価だったからです。

大した機能や特色もありませんし、ダイヤモンド銅釜ってなんぞやという感じでもあります。

ちなみに、買い換える前のものは約3万円で購入したそこそこいいやつ♪

個人的には、10万円近くする炊飯器を超高級機、3万円から5万円くらいのものを高級機と位置付けしているので、12000円ほどのPanasonicのダイヤモンド銅釜は庶民機です(笑)

ほんと、とりあえず炊ければいいみたいな。

それで買ったその日になんとなく、なんの期待もせずに、いつもどおり米を「銀シャリモード」という炊き方で炊いてちょっと食べたんですよ…

それが、めちゃめちゃ美味いのなんの!!!

ぎゃもちゅー
ごはん、めっちゃうまいンゴーーーーー!

本当に今まで食べていた米と一緒の米なのかというくらいに、米の甘みやうま味が引き出されていて、心なしか米そのもの綺麗にツヤツヤと輝き光っている。

美味しすぎて・・・、おかわりしちゃった^^;

美味しいお米が炊けるのは炊飯ジャーとしてはまことに素晴らしいのですが、糖質制限中の身ととしてはこれほどツライものはありません。

ぎゃもちゅー
あの美味しい白米をもっと食べたい…

こんな誘惑がしばらく離れないわけなんですよね。

どんなに美味しいお米といっても、何日も立て続けに食べていれば2週間経つ頃にはその味が当たり前になって慣れてはくるのですが、その「飽きる」というところまではひたすら美味しいお米の誘惑との戦いです(笑)

うん、ぶっちゃけ、毎日食べたさ!

体重は怖くて測ってはいませんが、あきらかにまた太ったという実感はおおいにあります。
それで、そのお米の味に慣れて飽きてからは、再び糖質カットの日々です(笑)

糖質制限ではなく、かなりストイックに糖質カットですからね。

と、まぁそんな感じで糖質制限ダイエット中の方や、糖質制限ダイエットで理想の体型を手に入れられた方は、炊飯ジャーを新調することはおすすめしません!

それと、7年使ったそこそこ高い機種よりも、新品の安い機種のほうが美味しいごはんが炊けたというのはちょっとした発見でした。

製品自体の性能も上がったのかもしれませんが、やはり7年も使用した古い機種だと、銅釜のコーティングも剥がれていますし、見えないところに汚れなどが詰まってしまっていて本来の性能を発揮できないのかもしれませんね。

炊飯ジャーとなると、1台1台お米を実際に炊いてその味を比較することは現実的には難しいですが、僕個人として

Panasonicのダイヤモンド銅釜は安いなりにも非常にいい仕事をしてくれるIH炊飯器だと胸を張って言うことが出来ます。

本当に、糖質制限ダイエットをしている人はこれに手を出すなよといいたいくらいに(笑)

逆に、糖質制限ダイエットしているのであれば、安いマイコン式の炊飯ジャーを買いましょう。

もしくは八糖仙を買いましょう(笑)

関連記事