木目調がおしゃれな壺型の超音波加湿器を買ってみたよ!

木目調がおしゃれな壺型の超音波加湿器を買ってみたよ!

新しい木造の家に移り住んでから、非常に気になっていたことがあります。

それが「乾燥」です。

ぎゃもちゅー
うひー!カッサカッサだよー!

新しい木造住宅は、乾燥します。

今までは、田舎によくある昭和後期のお家に住んでいて、常にジメジメした湿気に悩まされていましたが、新しい家に引っ越したら逆に乾燥に悩まされる羽目になりました(汗)

引っ越す前は、あれだけジメジメしていた家に住んでいたので

ぎゃもちゅー
むしろ乾燥しているくらいがちょうどいいんでね?
とか思っていたのですが、いざ住んでみると乾燥でかなりカラカラになります。

最新式の気密性の高い家なので湿気が入ってくる隙間はありませんし、木造住宅って水分を吸いますし、冬ともなればストーブだって炊きますからそりゃ乾燥もしますわな(汗)

しかも、壁紙も吸湿性のあるものをチョイスしていましたからね。

ちなみに湿度は、ストーブを付けなかったら50度台なのですが、ストーブを付けると下手すりゃ40度台前半にもなってしまいます。

窓の結露防止にはいいのですが、唇は乾燥しますし、目はドライアイになりますし、なによりもやたらと喉が渇きます(笑)

気がつけば夜まで水分を自然と2リットル以上摂取していましたからね。。。デスクワーカーのくせに。

そして乾燥はインフルエンザをも引き起こす可能性が高くなると言うね・・・。

というわけで、健康のためにも加湿器を買うことにしました。

おしゃれな加湿器が欲しい!

ぎゃもちゅー
せっかく加湿器買うならおしゃれな加湿器が欲しいちゅー!

加湿器というと、本体もそこそこなサイズがありますし、インテリア性が問われますよね。

機能を重視したけど無骨な加湿器も存在しますが、今回はインテリア性で選びます。

機能とインテリア性をとことん突き詰めたものは、ウン万円もしますが、残念ながら僕にそこまでの財力はありません。

以前、マツコの知らない世界でも紹介されていたcado HM-C600Sという加湿器が欲しかったのですが、調べてみると4万円以上していてさすがに買えません(笑)

あと、機能ではないのですが、タンクの貯水量が少ないと何回も水を注ぎ足すのが面倒くさいのでタンク容量は1リットル以上が希望です。

  • おしゃれなやつ(温かみのある木目調)
  • タンク容量1リットル以上
  • 5000円以下

という条件でAmazonや楽天を彷徨っていると、僕の心にププッと刺さるものを発見したのでポチッと購入しました。

それがこの、Sophia(ソフィア)というメーカーの壺形で木目調な超音波加湿器です。

この長いネックをした壺形がおしゃれだぜ!

これがおしゃれかは人によって価値観に差がありますが、なんとなく僕は将来、怪しい宗教から怪しい壺を買ってしまいそうな気がしました(笑)楽天カードで。

ちなみに、楽天の期間限定ポイントが余りまくっていたのでポイントを消費しようと思ったけど、ちょうどこれを買うとポイントが10倍貰えるということで、普通にポイント利用無しで購入することに。
(ポイントで支払うとボーナスポイントがつかないからね)

Sophiaの壺型木目調加湿器のレビュー!

注文して2日後、佐川男子が木目調の加湿器を持ってきてくれました。

開封の儀・・・は、面倒なので省略しましょう(笑)

ちなみに、この加湿器のスペックは以下のとおりです。

サイズ:φ18.3×40cm
重さ:約650g
タンク容量:1.2リットル
定格電圧:100V 50/60Hz
消費電力:弱8W、中10W、強13W
加湿量:200ml/h
加湿吸適用床面積::木造和室3畳、プレハブ洋室6畳
材貫:ポリプロピレン・ABS附明
運転音:35dB
連続使用時間:約8時間

他に加湿器を使ったことがありませんからスペックだけ見てもよくわかりませんが、仕事スペースが12畳あるので明らかにスペック不足ではありますが、自分のデスク周りを加湿する分には十分でしょう。たぶん。きっと。

本体は、以下の3つのパーツで別れています。

アロマオイルも入れれるそうなので今度ダイソーで適当なアロマオイルを買って試してみたいところです。

この商品の気になるところが、上部と下部で木目調が噛み合わさらないということですかね(笑)

これは若干、気にしようと思えば気になります。

というか、なんだか一ッ目のおばけみたいに思えてきました^^;

よくよく観たら、公式の宣材写真の木目調モデルも上と下で木目調がかみ合わさっていないし、安物なので仕方がないか♪

あと、加湿量を示すランプが、弱(赤)→中(橙)→強(緑)と変化するのですが、赤と橙のランプがほとんど一緒というのもちょっとした突っ込みどころですが、安物なので仕方ないか♪

実際使ってみたレビューとしては、安物ではありますが「加湿をする」という目的は達成されました!

さすがにこのサイズで12畳の部屋をまんべんなく加湿するというのは難しいですが、とりあえず仕事場であるデスク周りだけはバッチリ加湿できています。

湿度は、前は40度台前半だったものが、デスク周りだけでも55度前後まで上昇しました。

加湿はもちろんですが、僕がこいつを購入したのは何よりもインテリア性です。

あーこの温かみのある木目調と、壺型のフォルムが最高にしゃれおつですわ☆

ぎゃもちゅー
これで、ドライアイも肌のカサカサも、喉の渇きもおさらばだぜ!

実際、なんだかんだでちゃんと喉の渇きとかカサカサ具合もおさまりました♪

おっと、意識の高い僕は、水がなくなったときすぐに給水できるように4リットル入るボトルも仕事部屋に備え付けておかねばですよ。

ドヤッ!

圧倒的存在感!

こうして僕の仕事部屋に「怪しい壺」と「ニッカオジサン」がやってきたのでした。

関連記事