雑誌も漫画も読み放題!KindleUnlimitedを3ヶ月使ってみた感想

雑誌も漫画も読み放題!KindleUnlimitedを3ヶ月使ってみた感想

AmazonのKindleUnlimitedが個人的に素晴らしいサービスなので、良い点も悪い点も含めて紹介させていただきたいと思います。

月額980円で漫画も雑誌もビジネス書も読み放題!

Kindleは月額980円で、対象のKindle本が読み放題なんです!
今となってはこういった月額制の読み放題サービスは他にもいろいろとありますが、何と言ってもKindleUnlimitedはマンガや雑誌だけではなく、ビジネス書や小説などの文字の本も非常に充実しているところがポイントです。

ついでに言うと、成人男性向けの本も対象にはあります(笑)

そういった部分で読み放題で読める本のジャンルはさまざまですし、取扱本数も日本一という感じです。

漫画や雑誌だけではなく、文字の本からも色々と知識を吸収したい僕としては、本当にありがたいサービスでございます。

何がいいかってそんなに興味のない分野の本も読めるから

このKindleUnlimitedを利用して何が良かったっていうと、読みたい本が対象であれば読めまくるというのはもちろんですが、それまで逆に興味のなかった分野や、ちょっと読んでみたい気はするがお金を払ってまで読みたくはないなぁという分野の本まで読めてしまうのが嬉しいところです。

知らない作家の本、知らない分野の本、そういったものを気軽に手に入れることができる。

おかげさまで、このサービスを利用する前までは興味が無いどころか、そういう言葉があることさえ知らないようなことまで知識を手に入れることができたので本当に使ってよかったサービスとも言えます。

知識が増えると、それだけ人生が豊かになったりもしますし、物事をいろいろな考え方や視点で捉えることが出来ますからね。

それに、どうせ読み放題のものなので、途中で「んー、やっぱいいや!」と思えば遠慮なくポイすることが出来ます。

うっかり対象外の本に興味が湧いて散財するハメに(笑)

これは、KindleUnlimitedの悪いところというかなんというかですが、読み放題対象の本を探していて、ふとして他の本に興味が湧いたり、この分野の本を探していたら絶賛のレビューが飛び交っている本を見つけてそれが読み放題対象外だった時・・・

つい散財してしまいます(T_T)

いや、本を買って勉強して知識を増やすわけなので、立派な自己投資ですし散財とは言わないかもしれませんが、逆にKindleUnlimitedに入会してからのほうが明らかに、電子書籍に対する出費が増えたような気がします(笑)

とはいえ、結果それで僕の知識も増えたことですし、いい本にも出会えたわけなので良しとしましょう♪

・・・本当は、Kindle版と楽天Koboを比較してオトクな方を買うので、結果的に楽天にお金を落とす場合が多かったのですがね。

10冊までしかストックできないのは案外ツライ

地味にツライのは、同時に自分のアカウントで端末にストックしておける本は10冊までと決まっています。
これは地味につらいです!

何冊かの本を同時に読み進めていくタイプの僕としては、10冊以上の本を読み進めたければどれか一冊をとっとと読まなければ次の本をダウンロードして読むことは出来ません。

「読破したぜー!」という感じで残しておきたいのですが、「この本の利用を終了します」といってその本をアカウントから消さなくてはいけません(T_T)

これでは、男のコレクター魂が満たされません。

大した本でないのであればいいのですが、これが「素晴らしい本だった…また読みたいから手元に置いておきたいな」という本であるともう大変です。

その本をいつでも読めるように永遠に手元に置いておくには、お金を出して買わなければなりません。
一回読んだ本を、改めて買うというのも、なんだかなぁ・・・と。

とくに期間限定でKindleUnlimitedの対象になっている本もありますので、対象期間がすぎると再びダウンロードすることもできなくなってしまいます。
(Unlimited対象期間に読み放題でダウンロードしたものは、対象期間が過ぎても本の利用を終了しない限りはいつまでも読むことが出来ます)

そんなこんなで、コレクション欲を満足させたり、いつでも読み返したいという方にはちょっと不不満が残るかもしれませんね。

僕としても、せめてストックできる本の冊数は15冊くらいまで増やして欲しいところですが、難しいそうです。

とはいえ、1ヶ月に1冊くらいは文字の本、マンガであれば3冊くらい読めば元はとれますし、ローコストで読書を楽しみたい、知識を増やしたいという方にはもってこいのサービスですね♪

関連記事