【cocopar】11.6インチでフルハイビジョンを映せる激安サブモニターのレビュー

【cocopar】11.6インチでフルハイビジョンを映せる激安サブモニターのレビュー

amazonで11.6インチでフルハイビジョン(最大解像度1920X1080)を映せる激安サブモニターが売っていたので、購入しましたのでレビュー致します。

11インチのFHDモニタを買ったわけ

ちなみに、これまではメインで使っているWindowsのデスクトップ機のサブモニタとしてDELLの20インチのモノを使用していましたが、なんだか目の前に圧迫感を感じるようになって小さくて高解像度のものに買い替えたいなぁと思っていました。

3年前にも似たようなことを考えていたのですが、当時はなかなかいいものがなかったですし、ミニサイズのモニタは非常に高価なものばかりでした。(3万円以上はしていた)

3年前にも10インチほどのミニサイズのモニタをサブモニタとして使っていたのですが、解像度のほうが非常に乏しかったり、USB1本で接続するタイプでグラフィック関係が不安定にもなっていたんですよね。

で、なんとなくAmazonでデスクトップPCモニタを調べていたところ、安くて高解像度の物があったんですよね。

それが、このcocoparというブランドのもものです。
お値段は購入時で11800円(セール中だった)であり、入力はHDMI対応、そして解像度はフルハイビジョンまで対応しています。

聞いたことのないメーカーでしたが、思い切ってポチッと購入しました。

cocoparってなに?

このモニタのメーカーはcocoparというところみたいですが、残念ながら公式サイトも存在しません。
たぶん、届いた商品の質感や、この微妙に痒いところまで手が届いている感のある商品を出すのは、多分中華系のメーカーだと思います(笑)

ちなみにこのcocoparというメーカーをAmazonで検索をかけると、Raspberry Piなどに使用するような4インチのモニタから、13.3でフルハイビジョン対応のモニタまで、さまざまな小型のモニタを販売されています。

ちなみに、Amazonで購入したときは「cocoparが販売し、Amazon.co.jpが発送します」となっていたので、販売もcocoparというところが行っているみたいです。

cocopar 11.6インチFHD液晶モニターのレビュー

では、ポチッとしてからさっそく翌日に到着しました!


さすが発送はAmazonさん・・・早いっ( ´∀`)b

早速、箱を開けていきたいと思います。

セット内容は、本体、HDMIケーブル、電源アダプタ、スタンドになります。

 

スタンドに収まらない(笑)

スタンドがついてくるわけですが、これは専用設計のスタンドではなく、汎用のタブレットスタンドだと思います。
これ、ダイソーで見かけたことがあるぞ(笑)

もともと、このスタンドに乗せて使用する予定ではなかったのですが…本体がスタンドに収まらないという(笑)

ちょうど、タブレットなどの本体前面を支えるフックが、モニタの底面にあたっていています。

実際、Amazonの販売ページの写真も、よく見るとスタンドにすっぽり収まっているわけではないのですしね。

ただ、本体が軽いということと、このフック部分がゴム製ということもあり、モニタが倒れてくるというわけではありません。

しかし、やはりこの付属のスタンドに乗せて使うのは、外出時とかのノートPCでのサブモニタとして一時的に使うのであればまぁ、いいかもしれませんが、据え置きとして常時使うのには、なんだかスッキリしないところですよね^^;

 

ミニCinema Display風に

僕はどう使っているかというと、Amazonで1500円ほどで購入したタブレット用のスタンドに、モニタ本体の裏側に強力両面テープを付けてスタンドと固定して使っています。

<AD>

 

色味的にも、スタンドの形的にも、昔のApple Cinema Displayみたいで可愛いです♪

Macで使えば、ある意味、Mac miniです。
しかし、入力端子が本体の側面に付いていますので、スマートさはありませんが。

 

安いプラスチック素材 そして軽い

さて、このモニタの質感の方ですが、今回はシルバーを買いましたが、これはアルミ素材ではなく、プラスチックに塗装を施したなんとも安い仕上がりです。

そして、本体が異常に軽い(笑)
Amazonでは発送重量が1.3kgとなっていますが、本体の重量は500gくらいです。

 

入力端子

入力端子は、ACアダプタ、HDMI、VGA、アナログスピーカー入力端子です。
ちなみに、スピーカーはHDMI入力でも対応しています。

画質

さて、問題の画質の方はというと、決して綺麗とはお世辞にも言えません。
青みがかって色彩に、視野角が狭いTFT液晶。

そして、フルハイビジョンで表示すると、文字が潰れることもあります(笑)

推薦解像度が1366×768であるというのは、なんとなくわかりました。

たしかに、フルハイビジョンには対応しているけど、綺麗には映らないよという感じなんですね。

スピーカー

おまけ程度にステレオのスピーカーも付いていますが、これは結構良かった。

がっつり音楽を聴くわけではないですし、HDMIで音声も出力するぶんには、人の話し声と同じ中域の音域が効いていますし、まぁまぁの低音も効きますので、僕としては「ちょうどいい」感じのスピーカーでございました。

 

僕の使用用途には合っている

レビューではさほどいいことは書いていませんが、なんだかんだで気に入っています♪

僕のサブモニタの使い方としては、そこでコピペ元のものを開いたり、画像などをドラッグ&ドロップするときのフォルダを表示したり、ちょっと邪魔なウィンドウをサブモニタに表示したりなどする感じの使い方をしますので、あまりサブモニタを見てガッツリ作業をすることはありません。

そういった意味では、画質が悪かろうが、質感が悪かろうが大した問題ではないのです。
要は映ればいいのです。

今回は欲しかった広い解像度(フルハイビジョン)をでありながら、11.6インチと言ったコンパクトサイズなサブモニタが手に入ったのでそれで僕は大満足です。

第一の目的である、デスクの上の圧迫感をなんとかしたいという願いも叶いましたからね☆

小さくて、フルハイビジョンで、あくまでサブモニタとして使用するための安いモニタをお求めであれば、このcocoparのモニタは悪くないですよ♪

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

富山に住んでる30代の個人自営業者。 日々インプットしたことを、自分がしっかり覚えるためと誰かの役に立てるようにこのブログでアウトプットしていきます♪ ついでに富山のグルメや観光情報などもPRしていきます。