警察官の前で覚せい剤のような砂糖の袋を落とすドッキリ動画が炎上したYouTuber事件について思うこと

警察官の前で覚せい剤のような砂糖の袋を落とすドッキリ動画が炎上したYouTuber事件について

今日の「スッキリ!」を見ていたら、トップニュースで「警官の前でそれっぽい白い粉を落としたらどうなるかというドッキリ動画」について取り上げられていてびっくりしました。

覚醒剤 いたずらドッキリ事件とは?

福井県在住のYouTuberさんが、8月30日に「覚醒剤 いたずらドッキリ」という動画を投稿して、それが炎上したというお話です。

動画の内容としては、見るからに怪しい入れ墨ガッツリな男性YouTuberが、透明な小袋に入った薬物と疑われるようなグラニュー糖を警官の前でわざと落とし、警官に職務質問をされている最中で思いっきり走って逃走するという動画です。

結果として、パトカーが何台も出動し、そのYouTuberさんは警察官たちに取り押さえられたそうですが、尿検査をしても当然なにもでずに、そのまま釈放されたそうです。

ちなみに、現在はその動画は削除されたそうですがトータル68万再生されたそうです。

今回は、警察官の前でそれをやったことについてクローズアップされていますが、警察官の前でそれをやる前に、一般の通行人の前でもそれっぽい袋をわざと落として「あの人、もしかしてアレって・・・!」という一般人のリアクションも撮影していたみたいです。

ちなみに、動画の最後にはその袋の中身をコーヒーに入れて飲んで、「覚せい剤 絶対ダメ!」というテロップで動画は終了します。

偽計業務妨害罪に該当する可能性もあるそうだ

このYouTuberさんは結果としてその日のうちに無罪放免で家に帰ったそうですが、こういうのは「偽計業務妨害罪」というものにあたるそうです。

うん、ぶっちゃけ、そりゃそうでしょ!
と、僕も思います。

たまたま、それっぽい袋を落として、警官に職務質問をされてパニックになって逃げ出したという状況ならまだしも、なんせわざとですからね。

ここまで大事になるとは本人もきっと思っていなかったでしょうが、わざとならちょっと悪質です。

それに、パトカーや警官たちを出動させてしまったわけですし、完全に迷惑をかけている事実がありますからね。
もしその間に凶悪事件が起こって、そっちに人員をさばけない事になったらと思うと大変です。

今回は、運良く無罪放免と言うかたちになりましたが、今後似たようなことをすると「偽計業務妨害罪」としてしっかり裁かれる事例が出てくることでしょう。

福井のタンクトップYouTuberと聞いてカズチャンネルかと思った人も(笑)

「福井県」の「タックトップ姿」の「YouTuber」がやらかしたと聞いたら、真っ先にカズチャンネルのカズさんを思い浮かべる人は少なくないでしょう。

なんせ僕もそのひとりでした(笑)

というか、福井県のYouTuberというニュースのナレーションをきいて「ん!カズさんか!」とついテレビを見てしまった僕です。

そんなカズさん本人もそれに便乗した動画をアップされてます。

とはいえ、なんだかんだで僕もカズさんの動画を2本に1本は見るというちょいファンなので、あの人がそんなことをするわけないというのはすぐには分かったんですけどね。

ちなみに、僕がクラウド会計ソフトのfreeeを使っているのも、カズさんの動画がキッカケなわけですし☆

人を楽しませることについては尊敬はするんですけどね

今回の事件は、さすがにちょっといただけないものがありますが、なんだかんだでYouTuberさんという「人を楽しませる」ことに対してクリエイティブな活動をしてお金も稼ぐという職業や活動に対しては非常に尊敬もしていますし、憧れてもいます。

とはいえ、昔からテレビの紹介の仕方やイッテQのQtubeのコーナーの影響もあってか「YouTuber=過激な動画を上げて再生回数とお金を稼ぐ人」というイメージを世間に植え付けてしまっているとは思います。

そして今回の事件で、そんなイメージがまた世間に強く根付いたんじゃないかとも感じています。

節度を守って、純粋にいい動画、人を楽しませることを目的にした動画を作ってアップしているYouTuberさんには耳の痛い事件だったのではないでしょうか。

 

関連記事