「キングタコス与勝店」で沖縄名物タコライスを食べてきた感想!その他メニューなど。

「キングタコス与勝店」で沖縄名物タコライスを食べてきた感想!その他メニューなど。

本日は、沖縄B級グルメのひとつであるタコライスを、キングタコスで食べてきたときの感想を書いていきます。

そもそもタコライスとは?キングタコスとは?

そもそもタコライスとはなんぞやというところからですが、これは外国の料理に思えますが、沖縄が発祥の料理です。
メキシコ料理のタコスと、日本の主食であるライスを組み合わせて出来たものです。

ライスのうえに、トマト、レタス、チーズ、ミンチ肉、そしてサルサソースを乗っけて食べるもの。
タコスのトルティーヤをお米に買えたものです。

沖縄の文化といえば、アメリカ文化や米軍基地の影響によって新しく生まれる文化があるように、このタコライスも、米軍基地の影響で生まれた食文化のひとつであったりもします。

タコライスの歴史は意外と浅く、1980年代に発祥したものだそうで、キングタコスというお店がタコライス発祥のお店なのです。

ちなみに、最初は米兵の方々が生野菜はあまり好きではなく、野菜などはトッピング式だったのですが、現在では野菜も好まれるようにより、それが全国で知られるタコライスになったというわけだそうです。

キングタコスは沖縄住民の方々からは「キンタコ」の愛称で言われており、各店舗によって味が微妙に違うそうです。

現在は沖縄県内に7店舗があるキングタコスですが、行ってきたのは与勝店です。

キングタコス店舗一覧

  • 金武本店
  • 普天間店
  • 長田店
  • あげな店
  • 美里店
  • 与勝店
  • 北中店

今回行ったのは、キングタコス与勝店

この日は沖縄旅行も3日目で、平安座島などに行く道中で寄っていきました。

与勝店にはどうやら駐車場が無いみたいなのか、買っていくお客さんはみんなお店の前に路駐しているので、車通りも少ない道ですし僕達も路駐させていただきました。

それにしても、いいですねー!レトロでノスタルジーを感じさせるこの外観!
まさに「沖縄」って感じがします。

お店の奥に行って、タコライスチーズヤサイを注文。
おばちゃんは決して愛想はよくはありませんが、それもB級グルメの味ということで(汗)

お店の外にはずらーっと自販機が並んでいるのもいい意味でのB級感があります。

キングタコス与勝店


所在地: 〒904-2304 沖縄県うるま市与那城屋慶名405
時間: 午前10時~深夜1時
電話: 098-978-1733

キングタコス メニュー一覧

タコチーズヤサイ以外にもこんな感じのメニューがあります。
各メニューには日本円での値段の他に、ドルでの値段が書かれているのも、沖縄って感じがしますね。

  • タコス ¥500
  • タコライス ¥400
  • タコライスチーズ ¥500
  • タコライスチーズヤサイ ¥600
  • チキンライス ¥500
  • テリヤキチキンライス ¥600
  • タコライスチキン ¥600
  • ハンバーガーチーズライス ¥500
  • ジャンボバーガー ¥300
  • ジャンボチーズバーガー ¥350
  • ジャンボタコバーガー ¥300
  • ジャンボタコチーズバーガー ¥350
  • タコサンド ¥200
  • ポテトフライ ¥300
  • チキンナゲット ¥300
  • チキンバラバラ ¥400
  • 各種ソフトドリンク

これが本場の味!美味いというか雰囲気がいい!

今回注文したのは、「タコライスチーズヤサイ(600円)」です。

お店には「タコライス」というメニューもありますが、多分それはごはんにお肉とサルサソースだけがかかったシンプルなオリジナルのタコライスだと思いますので、だれもが知る野菜たっぷりでチーズの入った「一般的なタコライス」を食べたい時は、タコライスチーズヤサイを注文しなくてはならないようです。

ちなみに量の方も、お金のない米兵さんをお腹いっぱいにさせてたいという思いも込められたタコライスなので、デフォルトでかなり入っているらしく、1人前を二人でシェアして食べるくらいが平均的な日本人の胃袋にはちょうどいいみたいです。

しばらく車を走らせ、海の見える道の駅の駐車場の車内でキングタコス与勝店で買ってきた、タコライスチーズヤサイを食べましょう!

うおーっ!見てください!
タがはち切れんばかりに、大量の野菜が収まっております!
もうこの見た目だけでお腹いっぱいになります(*^^*)

そしてフタを空けると、一切れのトマトが野菜の頂点に鎮座するように赤色を主張しています。

食べログなどで見たときは、このトマトは小さな角切りをされて細々に散らばっていましたが、ここはどうやらトマトが一切れ置いているというスタイルなのでしょうか。

個人的には、バラバラになっていたほうが混ざりやすそうでいいような気がしますが。

車内で食べるので、具材をこぼさないように慎重に混ぜ合わせて、スプーンで一口すくって口の中へ・・・。

うんまいっ!(・∀・)

辛さは控えめかつ、すっきりとしていてどこか爽やかなサルサソースにまみれたシャキシャキ野菜とご飯で、食べごたえがありながらも食べやすさもある味わい。

どんどんとスプーンが進みます。

実は美味しいと素直に言えるけど、家で食べたことのあるホーメルのタコライスも好きなので、そこまで大きな味の違いというものは残念ながら富山人である僕にはわからなかった。

しかし、この焼きそばなどを挿れる、バリバリジャリジャリと音を立てるあのトレイで食べるからこそ、雰囲気的なものも加わって余計に美味しく感じるというものです。

キングタコスは沖縄に7店舗あり、県内の各所にあると思いますので、観光ルートに応じてお近くのキングタコスを1度はご賞味あれです♪

家でもタコライス

タコライスはもうすでに全国区で知られる食べ物になりましたので、食べたことがないっていう人でも一度は聞いたことがある食べ物であると思います。

キングタコスのタコライスが食べたいというのであれば、沖縄本島まで行かなくては食べることはできませんが、美味しいタコライスであれば家でも食べることが出来ます。

各食品メーカーがいろいろなタコライスを販売しておりますが、個人的には沖縄ハム総合力品のタコライスが一番美味しいですし、なにより一番キングタコスの味に近いような気がします。

レトルトパウチを湯煎してそれをご飯にかけ、別途用意したレタスとトマトとチーズを乗せるだけで本格タコライスです。

関連記事