富山の猫カフェ「コーニャーカフェ」に行って癒やされてきた感想

富山の猫カフェ「コーニャーカフェ」に行って癒やされてきた感想

先日は、愛する嫁さんに「富山の猫カフェに行ってみんまいけ?」と言われたので行ってきました!
富山の猫カフェ、その名も「コーニャーカフェ」へ。

コーニャーカフェの場所はわかりづらいにゃ

場所は富山市呉羽町にあるのですが、車で行こうとする場合はナビを付けても意外と難しいかもしれません(笑)

ナビに「次を右折です」と言われても「え?どこ?今の?」という感じなかなかたどり着けませんでした。

で、なんとかきっとここだろうというところを曲がって無事到着です。

コーニャーカフェ

ちなみにお店のホームページはございませんので、フェイスブックなりツイッターなりでお店の情報をチェックしましょう。

ちなみに、お隣は「コーナーカフェ」というハワイアンでおしゃれなカフェになっております。
名前からはわかるように同じ系列のお店です。

コーナーカフェ

今回は猫カフェだけに行く予定だったのでコーナーカフェには行っておりませんが、また機会を改めて行きたいところです。

駐車場は月極駐車場のようなところを店側が借りている感じであり、コーナーカフェのお店の前にどの駐車場に停めればいいのかが書いてあるプラカードが置いてありますので、それを見て車を駐車すれば間違いないでしょう。

住所:富山県富山市呉羽町7291
電話:076-436-2112(予約不可)
営業時間:11:00?17:00
定休日:木曜日

コーニャーカフェに入店するにゃ

いよいよ、お店の前へ。
お店の方はコーナーカフェの横にある、白い壁の建物です。


扉が2つありますが、1号室と2号室があってそれぞれ別々の猫ちゃんたちが待っているそうです。
ちなみに今回は、1号室の方へ。(緑の扉)

インターホンを押すと「どうそー♪」と言われますので、案内に従っていざ入店です。

店内はこんな感じだにゃ

店内は、ワンルームマンションを改装したような感じになります。
店に入れば猫脱走防止用の柵があって、カウンター兼キッチンのようなところで、スタッフさんが出迎えてくれて、初めての方にはお店のシステムを説明してくださいます。

ちなみに、システムは1時間800円でワンドリンクオーダー制です。

カウンターでドリンクを注文して、入室時間と退店時間が書かれたカードを受け取り、手を洗って、いよいよ猫ちゃんたちの待つ場所へ。

店内は、全部で10~12畳くらいのフリースペースな空間です。


この中でくつろぎながら、猫ちゃんたちと戯れましょう♪

お出迎えしてくれる猫ちゃんたちだにゃ

僕達が入室した01号室の方には、合計で10匹の猫ちゃんたちがいました♪

この猫カフェはオシャレな血統証付きの猫ちゃんたちではなく、基本的には雑種になります。
白黒斑の猫ちゃんと、キジ白斑の猫ちゃんが多いという印象ですね♪

それにしても・・・かわいいっ!

ちなみに、猫の餌はカウンターで100円で販売されていますし、フロア内には猫じゃらしなどのおもちゃも置いてありますのでそれを使って遊ぶことも可能です。

コーニャーカフェに行ってきた感想

呉羽の隠れ家的な猫カフェに行ってきた最初の印象は「辿り着けん!」というところから始まりましたが、いざ到着してみるととてもいい感じのお店でした。

猫ちゃんたちも猫カフェによくあるおもちゃで遊ばれすぎてちょっとやそっとじゃ反応しなくなった猫達ではなく、シュ…シュッ…と猫じゃらしを巧みに操れば、しっかりと食い付いてくれる遊びがいのある猫ちゃんたちでした。

たまたま僕達が行ったのがド平日の3時頃だったので、先客1組様と、後から来られたお客さん1組だけだったので空いていた方ではありますが、土日は結構混むらしくあまりゆっくり猫ちゃんたちと遊ぶことが出来ないかもしれません。

オープンタイプの猫カフェなので積極的に、猫ちゃんたちとコミュニケーションを取りに行かないと、猫を見たり、猫と遊ぶお姉ちゃんたちを眺めながら過ごすカフェになってしまう可能性もあります。

猫達よりも、他のお客さんたちにさえ恵まれれば、なかなかの癒やしスポットなのは間違いありません。

関連記事