富山「すずらんラーメン」で塩とんこつを食べた。それは海の家のラーメンの味がした。

富山「すずらんラーメン」で塩とんこつを食べた。それは海の家のラーメンの味がした。

今日は、ちょっと優しい豚骨系のラーメンを紹介します。

すずらんラーメン・・・ん?らーめん??

2012年まで富山市の古沢にお店を構えていた頃はけっこう行っていたりもしたのですが、富山市本郷にお店を移転してからはすっかり足が遠ざかっていたすずらんラーメン。

なんとなく、たまに優しいとんこつベースのラーメンを食べたいなと思い、約6年ぶりくらいにすずらんラーメンに行ってきました。

お店の目印としては「すずらんラーメン」と書かれた黄色の看板が目印です。

それにしても、分かりやすい黄色の看板の横に、色がくすんで古ぼけた「手打麺処」と書かれた看板があって、それもすずらんラーメンの看板だと気がつくまで少し時間がかかりました(笑)

完全に別のお店が近くにあると勘違いしてしまいそうなほど、看板のテイストが別物です。

それにしても、あくまでラーメン屋だとは思うのですが、うどんやそば、定食まであってはラーメン屋としての期待値が下がってしまうことでしょう(汗)

実際に、お店の中にはメニュー表に乗っていないメニューとして、イノシシそばやざるそば、カレーうどんまでありました。

でもいいんです。
僕が食べたいものはあくまで美味しいラーメンなので、美味しいラーメンさえ食べられればあとはどんなものを提供していようといいのです♪

塩とんこつラーメン、食べる。

このお店は、カウンター席がなくって、お一人様はテーブルを1人で陣取るか、囲炉裏を囲むような席で食べる感じなのでしょうか。

とりあえず、お店に入ってカウンターを探してキョロキョロしていると、女将さんがその囲炉裏の席に案内してくれました。

席に座ると、女将さんが丁寧にらーめんの説明とかセットメニューの説明とか、こんな新メニューが出ましたよとかの説明をしてくださるのですが、すでに僕は塩とんこつらーめん」が食べたかったので、ざっと説明を聞いて、とっとと塩とんこつラーメンとライスのセットをオーダー。
(ちなみにカレーは品切れ中)

本当はライスは流石に糖質がヤバイという感じで、いらなかったのですが、ラーメン単品700円、ライスとのセットで700円という感じだったので、ついライスも付けちゃいました(汗)

とりあえずいつも通り八糖仙を飲んでおきましょう。

それにしても、主人と2人でお店を切り盛りされていて忙しそうなのに、ご丁寧な説明ありがとうございました。

これがさっき言っていた囲炉裏です。


中央では永遠に焼かれ続けるのであろう川魚のレプリカまで置いてありますが、純粋にあまり美味しそうじゃないところがまたB級感があっていい感じです(笑)

すずらんラーメンのメニューはこんな感じですね。

<AD>

すずらんのメニュー表

このメニュー以外にも、店の窓や壁にメニュー表に載っていないメニューがあります。
個人的には、イノシシそばというのが気になりました。

そんなこんなで待つこと数分、僕の目の前にラーメンとライスが運ばれてきました。

それにしても、ライスがでかい(汗)
たしかにメニュー表には(多め)とは書いていましたが、小さめのラーメンどんぶりと並べて写真を撮ると、あまり大きさが変わらないというくらいに大きいです。

そして、個別包装のふりかけも付いてきたのですが、個別包装という時点でちょっと突っ込みどころもあるとは思いますが、味の方も万人受けしないわさび味です(笑)

こういうのは、普通は万人受けする「のりたま」あたりなんではないでしょうか。

それはそうと、ラーメンです。
小さめのラーメン鉢にたんまり盛り付けられ、どこか懐かしささえ感じるこのヴィジュアル。

炙ってあるチャーシューが2枚も乗っているのも嬉しいところです。

さっそく、スープをひとすくい。
あ~、なんて優しい味なんだ。

濃厚と言うほどでもないけど、しっかりととんこつの旨味を出した優しいスープに、塩味。
優しい味ではあるけれど、アクをあえて取っていないせいか、味にしっかりとした芯も残っています。

そうそう、今日はこういうのが食べたかったんだぁ(*^^*)

幼き頃に食べた海の家のラーメンを思い出すこの味

そして麺も、すすってみましょう。

わざとなのかなんなのか、最初すすって食べたらちょっと硬かった(汗)
でも、食べ進めていくうちにちゃんと柔らかくなっていきました。

麺の色は、黄色くはなくほぼ白色という感じです。
太さ的にも、中太縮れ麺という好みの麺の食感でございました。

少し味が薄めのチャーシュー、妙に味付けが濃いメンマ、優しいスープ、白っぽい麺。
そして、小さくて古ぼけたラーメン鉢。

このすずらんラーメンを食べていたら、幼き頃に食べた海の家のラーメンを思い出しました。

そう、まさにこんな味がしていたような気がします。
そんなどこか懐かしい味だったんです。

海の家のラーメンというと、ラーメン自体は美味しいわけではなくそのシチュエーションで食べるから美味しいということではありますが、このすずらんラーメンは純粋に美味しいのでそのあたりは誤解なきよう(笑)

もし、すずらんラーメンに行って、塩とんこつラーメンを食べることがありましたら、海の家を想像してみてください。
おいしさ2割増しです♪

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

富山に住んでる30代の個人自営業者。 日々インプットしたことを、自分がしっかり覚えるためと誰かの役に立てるようにこのブログでアウトプットしていきます♪ ついでに富山のグルメや観光情報などもPRしていきます。