富山にある【李さんの台湾名物屋台】で本場の台湾唐揚げを食べた感想!

富山にある【李さんの台湾名物屋台】で本場の台湾唐揚げを食べた感想!

今日は、富山市五福の富山大学が近くにあるアリスショッピングセンターに行ってきました。
ちなみに、地元民的には、アリスという名前よりも、トイザらスが入っているので「トイザらス」と言ったほうが通じます(笑)

んでそのアリスショッピングセンターに入っている【李さんの台湾名物屋台】というお店を紹介しようと思います。

李さんの台湾名物屋台とは?

李さんの台湾名物屋台とは、台湾人である李さん(りーさん)が軽得する、名古屋発祥の唐揚げをメインとしたファストフードのお店です。

公式ホームページ:http://www.lees-taiwan-kitchen.com/

台湾にはまだ行けていないのですが、唐揚げは名古屋発祥という感じの台湾なんとかではなく、本場の台湾屋台で出てくる感じの唐揚げだそうです。

ちなみに、ホームページでは、

と言っていますが、名古屋市内に5店舗、その他愛知県内に1店舗、富山に1店舗、大阪に1店舗、東京に2店舗ある感じですが、公式ホームページがたぶん更新されていないのか、サイトの店舗紹介は、まだ未掲載の店舗も多いみたいです。

たぶん、2017年現在は以下の10店舗があるのだと思われます。

【名古屋・愛知県】
本店
新天地通店
大須店
万松寺通店
金山店
豊川稲荷駅前店
【富山県】
富山五福アリス店
【大阪府】
大阪一号店
【東京】
東京ミートレア店
原宿1号店
それにしても、名古屋発祥で東京大阪へ進出するのはわかりますが、なぜ富山県だけに1店舗あるのかは謎です(笑)

でも、出店してくれて富山県民としてお礼を言いたいところであります。
謝謝っ☆

 

台湾屋台の唐揚げを買ってみた

店内に入ってカウンターで注文します。
スタッフは唐揚げを揚げる係と、接客するスタッフの二人構成になっています。

タピオカドリンクもこの店の名物ですが、今回はメインの「台湾唐揚げ」のみを注文しました。
辛さは、唐揚げにふりかける唐辛子系の秘伝のスパイスの量によって変わり、

  • 多め
  • ふつう
  • 少し
  • なし

 

の4段階から辛さを選ぶことが出来ます。

何度か購入したことがあり、個人的にはいつも辛さは「ふつう」で頼んでいたのですが、今日はたまたま暑い日だったこともあり、なんとなく少しを選択しました。

揚げ時間が3~5分かかるそうで待機します。
お店の中で待つのもいいのですが、お店の待ちスペースは狭いし、外はちょうどいい風が拭いていたこともあり店の外のベンチで待機することにしましょう。

待っている間に、お店のメニューや李さんが有名人と写っているポスターを写真に撮ってみました。

このメニューの写真にはありませんが「橙香唐揚げ(さんさんからあげ)」という、オレンジ風味のソースがかかったいかにも台湾チックなメニューも気になるところです。

ちなみに今回は注文はしませんでしたが、タピオカドリンクの「ジャスミンミルクティ」はおすすめです。

有名人と写っている李さんの写真はよくは見ていませんが、アンガールズさんだけはすぐにわかりました(笑)

そんなこんなで待つこと4分ほど、「1番でお待ちのお客様ー」というアナウンスが小さめのボリュームで店内に響きましたので、店内に唐揚げを受け取りに行きます。

唐揚げをビニール袋に入れてもらって、お持ち帰り。
「あつあつのうちにお召し上がりください☆」と言われるので、なるべく熱々のうちに食べたいところです。

 

李さんの台湾名物屋台の台湾唐揚げを食べた感想

お持ち帰りとは言うものの、唐揚げがカップに入ってむきだしのままビニール袋に入れられます(笑)
なにげに、車で買いに来た場合は、そもそもこれをこぼさないように家に持ち帰るのはかなり難しいというね(笑)

まず唐揚げの強烈に美味しそうなニオイが車内に立ち込めます。
そして、唐揚げは車のドリンクホルダーにピタッと収めて家まで帰ります。

ちなみに、近くに五福公園もありますので、そこでピクニックがてらに食べるのもありなのではないでしょうか。

で、なんとか家に持って帰ってきましたので、さっそくいただくことにしましょう。


見た目はこんな感じです。
量としては唐揚げが6個ほど入って500円です。

いただきます!・・・ぱくっ。
あーやっぱ美味えわ!!

ザラザラとした独特な衣の食感に、本場の中華料理のような八角の風味と香り。
そして、しっかりと味の染み込んだジューシーな鶏肉が美味すぎるっ!

約2年ぶりに食べたけれど、やっぱり美味しいね。

辛さは「少し」を頼んだのですが、ほのかにスパイスがいい辛味を演出してくれます。
唐辛子がまったくだめな人はともかく、少し苦手という方でも「少し」はかけたほうがこの台湾唐揚げ本来の美味しさを味わうことができるかと思います。

それにしても、下味が染み込んだ鶏もも肉もしっかり美味しいのですが、やっぱり美味しいのはこの独特な衣ですわ。

500円で6個入っているのですが、それ以下の量では販売されていないので、ちょっとおやつがてらに唐揚げを食べようと思うとかなりの量になってしまいます。

僕的にはこれを「1食」として食べるにはいい感じです。

しかし、白米に合う味ではないので、ごはんのおかずとして食べるのもなんか違うという。
かといって、ビールに合うかどうかで言えば、人の好みによるとしか言えません。

おやつに食べるのには量が多いし、かといってごはんのおかずにも、お酒のおつまみにも難しいという感じの台湾唐揚げではありますが、逆に考えれば純粋にこの台湾唐揚げを味わうことができるということです。

もっといえば、糖質制限ダイエットしている方には、これで十分1食分になると思います。

トイザらスへ買い物に行ったついでに、この李さんの台湾名物屋台で台湾唐揚げを食べてみるのも良いと思いますよ♪

追記・辛さ多めの激辛唐揚げと橙香唐揚げを食べました

日を改め、また李さんの台湾唐揚げを食べる機会がありましたので、せっかくならと「辛さ多め」と「橙香唐揚げ」を注文しました。

橙香唐揚げ

橙香唐揚げ

橙香唐揚げは、オレンジ風味のソースがかかった、ねっとりとした唐揚げです。
衣がベチョベチョになってしまって、あの独特のサクサク感は味わえませんが、オレンジ風味の効いた南国風な唐揚げです。

個人的にそこまで好きな味ではなかったですが、一風変わったフルーティな唐揚げを食べてみたいというのであれば是非という感じです。

台湾唐揚げ(辛さ多め)

台湾唐揚げ(辛さ多め)

そして唐辛子系の香辛料で真っ赤に染まった「辛さ多め」の激辛唐揚げです。

見た目からして辛そうですよね♪
しかし、個人的な感想では辛さ普通よりは確かに辛いものの、見た目ほど辛くはありませんでした。

辛いのが好きという方におすすめできるかどうかと言えば、この香辛料のおかげでせっかくのサクサク衣もなんだかモコモコと粉っぽい食感になってしまって、ちょっと残念かなという感じです。

やはり個人的には王道な「辛さふつう」のものが一番おすすめですね(*^^*)

関連記事