富山の担々麺屋さん「どんき」を食べてきた感想

富山の担々麺屋さん「どんき」を食べてきた感想

今日は富山の「どんき」という担々麺がウリのラーメン屋さんを紹介しようと思います。

どんきとは?

県道58号線沿いの、高岡イオンと太閤山ランドのちょうど中間地点くらいにあるラーメン屋さんです。

メインは担々麺だと思うのですが、普通の醤油ラーメンや塩ラーメン、そのた中華料理までメニューに揃えています。


そして居酒屋風のメニューも取り揃え、焼酎のボトルキープまでやっているのでちょっとした飲みにも使えそうなお店です。

ちなみに店内の雑誌は、店長さんの趣味なのか妙にプロレス雑誌が多いのが気になります。

しかし、こうやって書くといまいちラーメンが美味しくなさそうな感じがしてしまいますが安心してください。
僕が何度も足を運ぶほど美味しいですから♪

といっても、担々麺があまりにも美味しすぎるので、未だに他のラーメンは食べたことがないんですよね。
ちょくちょく行ける距離でもないし(T_T)

それからどんきの横にはコンビニがありますので、先にトクホのメッツコーラなどの脂肪吸収を抑えるようなドリンクを買って飲んでもいいですし、食後に黒烏龍茶などを買って胃袋の中の脂分を分解するのも個人的におすすめです。

 

どんきの担々麺を食す

今回は、糖質を気にしながらも遥々とこのどんきにやってきたわけで、担々麺だけ頼むのももったいないですよね。

というわけで、ランチ限定の「担々麺Eセット」という、担々麺とミニチャーハンのセットを注文しました♪(自分に甘い)

ちなみに、担々麺の辛さは10段階で選べるのですが、僕は中途半端に辛さ4度で注文です。

<AD>


激辛の辛さ10も気になりますが、逆に味が予想できないという意味で、辛味成分の入っていない辛さ0というのも気になるところでございます。

カウンターで、スマートニュースアプリを見ながら待っていると、担々麺&ミニチャーハンが到着しました!

このすり潰された胡麻とか色々なものが混ざって、濁りのある旨味成分が浮いた、白色の担々麺。
そこに赤色の唐辛子と、緑色のほうれん草、そしてひき肉が混ざってクリスマスのようです(?)

あぁ、胡麻の香りが食欲を掻き立てます。
真ん中のひき肉を崩して、スープをひとすすり・・・。

このコッテリドロドロしたスープの中にも、胡麻のマイルドな優しさが溶け込んでいて、なんと美味しいことか。

麺をすすることを忘れて、ついスープばかり飲んでしまいます(笑)

・・・発汗作用もあるせいか、汗もぼろぼろ出てきますが、なんだか食べると幸せな気分になってくる担々麺です。

そしてチャーハン!


とくにチャーハンに関して言うことはないのですが、紅しょうがが乗った純粋に美味しい「ラーメン屋さんのチャーハン」という代物です。

ごちそうさまでした(*^^*)
是非また来たいところです。

もう少し近所にあって気軽に行ければ、色々なメニューやラーメンに挑戦してみたいところですが、なかなか頻繁には行けない距離ですのでついお目当ての担々麺ばかり頼んでしまうんですよね(汗)

糖質19gの低糖質なのに本格派のとんこつラーメンが食べれる!
糖質制限ダイエットをがんばった自分へのご褒美に♪

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

富山に住んでる30代の個人自営業者。 日々インプットしたことを、自分がしっかり覚えるためと誰かの役に立てるようにこのブログでアウトプットしていきます♪ ついでに富山のグルメや観光情報などもPRしていきます。