富山から群馬へ、高速道路や新幹線などを比較して効率的な移動方法を考える!

富山から群馬へ、高速道路や新幹線などを比較して効率的な移動方法を考える!

こんにちは!群馬県が大好きで、群馬にしょっちゅう行きたい富山県民です♪
今回はすごく需要が少なそうですが、富山から群馬に行くまでどういうルートや移動手段で行けばローコストで行くことができるかや、短時間で行くことができるかを解説します。

そして、いかに富山県と群馬県を行き来するのに、交通の便に恵まれていないかも説明します(笑)

富山と群馬は近くて遠い県

富山と群馬では長野県か新潟県を挟んで2つお隣の県なだけなのですが、いざ行こうと思えばすごく遠い件なのです。

北陸新幹線で群馬と富山を行き来する場合の時間とコスト

まず、北陸新幹線は通ってはいるのですが「かがやき」は高崎駅では停車しません(´Д⊂ヽ
長野駅で停まったら、次は埼玉県の大宮での停車になります。

群馬に行くとしたら各駅停車の「はくたか」に乗るしかありません。

ちなみに、富山から高崎まではくたかであれば移動時間は移動時間は最短で1時間41分です。
ちなみに富山から東京の上野駅に行くのはかがやきで2時間7分で行けるのが最速なので、その差はたった26分。

・・・だったら、東京までいっちゃおうかなと(笑)

ちなみに料金的には、富山から上野駅に行くまでの交通費は、Jウェストカードのe早特1という割引を使って10690円
高崎まではこの割引はe早特1という割引は効かず、指定席をとると10370円
その差、320円。

富山-高崎

富山-上野

・・・だったら、やっぱり東京までいっちゃおうかなと(笑)

そんな感じで、妙に群馬に北陸新幹線を使って行くと、妙な割高感があるんですよね。
しかも、群馬県についたところで今度は移動手段がないので、タクシーやバス、はたまたレンタカーを借りない限りはなかなか県内での移動手段にも困ってしまいます。

<AD>

高速道路で移動する場合

幸い、群馬と富山でも高速道路がつながっています。
しかし、下記の高速道路ルートを見てみてください。

富山から群馬は長野県を挟んで右下に位置するのですが、どうしても立山などの大きな山が立ちふさがっているので、新潟を経由して高崎まで行かなくてはいけません。

なんだか遠回りをさせられている気分です。
それでもって、高速代金の方は通常料金で7,240円(土日祝日は5070円)
そして車種によって異なりますが、ガソリン代も当然かかってきます。

二人以上で行くなら良いのですが、平日に一人で高速道路を運転していくのもあまりコスパがよくありません。

高速バスで

富山-群馬間でも高速バスが1便ありました。
料金は5500円です。

・・・この値段で、またしても東京まで行けちゃうのでやっぱり微妙感が有ります(汗)

帰ってくるときは良いのですが、群馬に行くときに高速バスを使うと、漫画喫茶とかに入って休んだり時間を潰したりするので結果的にコスパもいいとはいえず、体力的にも最初から消耗している感じにもなります。

僕がいつも使う富山から群馬へのおすすめルート

これが僕がおすすめする富山から群馬(高崎)までのおすすめのルートです。

富山駅

国道41号線

国道471号線(神岡鉱山)

安房峠(トンネル通行料金770円)

松本に3時間で到着

松本トンネル (トンネル通行料金 310円)

三才山トンネル  (トンネル通行料金 510円)

南佐久IC(2,330円)

高崎IC

高崎駅

所要時間5時間30分(休憩時間は含まない)で、有料道路の交通費などにかかる料金は平日価格で合計3820円ということになります。

所要時間は1時間30分ほど多くなりますが、有料道路などの利用料は3820円と、半額近いところまで落とすことが可能です。

とはいっても、松本に至るまではそこそこハードな峠道が続きますので、運転するのが好きな僕としては道中のドライブも楽しんでいる感もありますが、運転があまり好きじゃないという方には少々厳しいかもしれません。

または、家族を同情させていくのであれば、家族からのクレームがあるかも(汗)

コスト、移動時間、快適性、どれをとるかということですね。

ぶっちゃけ、土日祝日高速道路1000円が復活してくれれば、こんなことを考える必要もないんですが…(´Д⊂ヽ

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

富山に住んでる30代の個人自営業者。 日々インプットしたことを、自分がしっかり覚えるためと誰かの役に立てるようにこのブログでアウトプットしていきます♪ ついでに富山のグルメや観光情報などもPRしていきます。