富山「ニューいちい」老舗の中華そば専門店の懐かしいラーメンが心に染みる。

富山「ニューいちい」老舗の中華そば専門店の懐かしいラーメンが心に染みる。

大人になると、こってり醤油とんこつラーメンや、濃い味ラーメンだけではなく、昔懐かしいシンプルであっさりとした「中華そば」を時々食べたくなりますよね。

しかし、この現代社会ではそんなシンプルであっさりとした中華そば専門店でお店をやっていくのはなかなか難しいものがあります。

今日は富山に今でも残る、シンプルで懐かしくも心のある中華そば一本でお店をやり続けている、老舗の中華そば専門店を紹介します。

創業昭和30年 中華そば専門店の「ニューいちい」

子供のころに、何度も親に連れて行ってもらっていた記憶が残る中華そば専門店のニューいちい。

昔は、何店舗か県内にありましたが、現在で残っているのは小杉本店のみ。

それでも創業50年という歴史があり、代は変わって値段も変わっても、変わらぬ味を守り続けています。

本当にお店の外観も内装も時代がストップしていますので、変わったのは値段と、テレビがブラウン管から液晶テレビになったことくらいでしょうか(笑)

それにしても、この店の味を知らなくても、レトロ好きならこの「中華そば専門」というレトロな看板を見ただけで、こういう趣のあるお店が好きならピピッと来るものがあるでしょう。

こういう外観のお店ですが、土日のランチ時にもなれば駐車場が車で一杯になってしまうほどの人気と、根強いファンが大勢いらっしゃいます。

また、開店時間も午前10時という飲食店としては早めの開店時間なのも腹ぺこさんには嬉しいところですな。

 

ニューいちい、20年ぶりに食す

子供の頃に親に連れて行ってもらっていたという記憶はあるのですが、それからもう20年以上足を運んでいませんが、30代になって再びこういう素朴な味を求める舌にもなったので、久々に食べに行ってきました。

子供の頃の記憶では、妙に美味しかったソフトクリームの記憶のほうが強いのですが、現在でも変わらずソフトクリームの提供を行っています。

とはいえ、今回はおっさんがひとりで食べに行ってソフトクリームを注文して舐め貪るのは恥ずかしかったので、中華そばのみの注文で。

ちなみに、お水はセルフサービスとなっています。

昔は確か中華そば一杯が500円台だったような記憶もありますが、流石に時代の流れか、700円となっています。

この他にも、餃子などがありますので、今度嫁と一緒に来たときは注文してみようと思います。

<AD>

テーブルの調味料もシンプルなもので、個人的にコショウが粗挽きではなく、昔ながらの中華そばによく合う粉挽タイプのものです。

待つこと数分、僕の目の前に、美味しそうな中華そばが運ばれてきます。

見てください、このシンプルな様相でありながら、ちょっと濃い目のスープの色がまたなんとも美味しそうです。

さっそく、麺をすすってみましょう。
ずるずる・・・

ぎゃもちゅー
あー、美味ぇ!!
そうそうこれこれ、この味!
口の中に一気に昔の懐かしき世界が広がります!!

麺の方は、富山人好みの腰のある中太縮れ麺です。

太縮れ麺はスープをあまり吸い上げてくれない性質を持っているそうですが、口の中に当たるこの触感がたまらないのですよ。

何よりも、見た目が美味しそうで、まさに中華そばの麺という感じです。

スープの方は、魚介をベースとしたシンプルでありながらも、しっかりと芯のある力強いスープ。

こういう味を専門で出し続けるのって、本当に難しいでしょうし、今から新規でこの味をメインと出したところで継続して店をやり続けていくのは難しいでしょう。

創業から50年以上、守り続けた誇りを感じる味です。

食べていくと、けっこう麺の量が多めなので、小食の人はライスを注文しなくていいですし、ラーメン一杯で十分にお腹が満たされることかと思います。

メンマも太いのが何本も入っていますし、チャーシューの方も硬くて味の濃いものが3枚ほど乗っていますしね。

 

味よりも、店の雰囲気を楽しむという味わい方

実はこのいちいに来たのは、純粋に美味しい中華そばを食べたかったというだけではなく、お店の店内や外装から感じるレトロな世界を味わいに来たというのもあります。

もうホント、あの時代のまま時間がストップしていたような店内の雰囲気です。

コカコーラの赤い冷蔵庫や、大きなエアコン、座敷席、そしてカウンターの古臭い感のあふれるビニール張りの椅子。
何もかもが懐かしく感じさせます。

美味しい中華そばを食べたい方はもちろん、作り物ではないリアルな哀愁あふれるレトロ空間に浸りたい方にはおすすめのお店です。

この店の中華そばは、この店の雰囲気含めての美味しさでもあります。

ニューいちい
住所: 富山県射水市三ケ白銀町802
TEL:0766-55-3333
営業時間:10時~19時30分
定休日:木曜日

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

富山に住んでる30代の個人自営業者。 日々インプットしたことを、自分がしっかり覚えるためと誰かの役に立てるようにこのブログでアウトプットしていきます♪ ついでに富山のグルメや観光情報などもPRしていきます。