富山「ダルマヤラーメン」の元祖とヤングを食べ比べて比較してみました

富山「ダルマヤラーメン」の元祖とヤングを食べ比べて比較してみました

今日は、僕のお気に入りである富山のラーメン屋「ダルマヤラーメン」を紹介したいと思います。

ダルマヤラーメンの元祖とヤングを食べ比べ

ダルマヤラーメンは北代店と新庄店の2店舗が富山にあるのですが、今回はいつも行っている北代店に行ってきました。

ラーメンは、味噌ラーメンなり、もつらーめんなり、色々と味はあるのですが、メインのラーメンは醤油ラーメンで味は「元祖」と「ヤング」から選ぶことが出来ます。

ヤングは、真っ黒なスープに濃い味の醤油味。
元祖は、見た目的には薄めのあっさりしていそうな感じのラーメンです。

実は、このダルマヤラーメンの「ヤング」が好きすぎて、行けば絶対にヤングを頼んでいましたし、味噌ラーメンなどその他のラーメンにも目もくれず、即決でいつもヤングばかり頼んでいたんですよね。

今回は、こうして時折富山の地元情報も発信するブログを書いていますし、自分の了見を広めるという意味でも、生まれて初めてダルマヤで「元祖」を注文し、ヤングとの味を食べ比べてみたいと思いました。

ちなみにですが、麺はどのラーメンを頼んでも、自家製の手作り麺です。


厨房の横には製麺所がしっかりとあります。

そしてこの麺が美味しいんですよ♪
太ちぢれ麺で、ぷりっぷりの弾力があって、口の中で踊るあの触感がたまらない(*^^*)

メニュー

醤油ラーメンがメインとなり濃口の「ヤング」と薄口の元祖を選ぶことが出来ます。

その他のラーメンメニューには、塩ラーメンや味噌ラーメン、担々麺などがありますが、実は注文したことがありません(笑)

サイドメニューとしては、餃子やチャーハンがあります。

ダルマヤの濃口「ヤング」

先に元祖を食べて、ヤングのほうは何度も食べてるし、過去の写真からひっぱり出そうとしましたが、やっぱり後日に普通にヤングが食べたくなって、だるまやまでヤングを食べに行きました(笑)

あー!やっぱりヤング、美味いっ!

ここは富山ブラックを名乗っているわけではありませんが、このこってりしているわけでもく、純粋に「濃い」味の真っ黒なラーメンです。

また、だるまやのラーメンは富山ブラックの代表格の西町大喜とはまた違って、シンプルであっさりとした濃さがあります。

初めて富山ブラックを食べる人でも、スープの濃さも味わうことが出来ますし、比較的食べやすいですよ。

そしてやっぱり濃いラーメンの美味しさは、お腹がすいた状態で麺をジュルリとすすって口の中に挿れた瞬間の、一気に血中糖度が上昇するかのような幸福感があることですよね(*^^*)

しかも、口の中に当たるこのぷりっぷりの自家製ちぢれ太麺の食感が、もうテンションを上げてくれます♪

そしてスープと同じように、少ししょっぱいチャーシューを勿体ぶりながら解体し、突っついていきます。

ちなみに、テーブルの上には「天かす」が置いてありますので、それをラーメンにぱらりとふりかければ、その天かすがラーメンのスープを吸ってくれ、これもまた美味しい口触りを体感させてくれます。

薄口ラーメンである「元祖」

何十回も通って初めて「元祖」のラーメンを注文します。
注文して5分程度で、初めて見る「元祖」が僕の座るカウンターテーブルに到着いたしました。

乗っている具材や麺は、ヤングとなんら変わりはありませんが、やはりスープの色が明らかに違います。

真っ黒ないかにも富山ブラックというようなヤングとは違ってまさに「普通に美味しそうなあっさり系ラーメン」という感じです。

いざ、すする!

うまいっ!
見た目はあっさりですが、その味にはヤングと同じように確かなしょっぱさと芯を感じることが出来ます。

もっといえば、ヤングのときはスープの濃い味に意識が行っていましたが、こちらはヤングに比べてちぢれ太麺のたしかな食感を素直に楽しむことが出来ますし、スープ本来の味を味わうことができるという感じです。

そうかぁ、これが元祖の味なのかぁと、しみじみ味わわせていただきました。

 

まとめ

今回はダルマヤラーメンの「元祖」と「ヤング」を食べ比べてみてわけですが・・・
僕個人としてはやっぱり断然ヤングのほうが好きです(笑)

このダルマヤラーメンがもう少し近所にあれば、「今日はあっさりな元祖も食べようかな」と思うかもしれませんが、頭のなかに真っ黒なヤングと太ちぢれ麺の食感をイメージしながら、はるばる車を運転して行くわけですので、ヤングという選択肢しか無くなってしまいます。

しょっぱい味や濃い味が好きな人、名前の通りヤングの人は間違えなく「ヤング」を注文すると幸せになれるかと思います。

ベストはデートで行くときに、彼氏さんや旦那さんはヤングを頼んで、彼女さんや奥様は元祖を注文して食べ比べてみるのも両方食べることが出来ていいですね。

関連記事